tomakichiコラム

tomakichiコラム

長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・3.飯田・長野県(勤務地とその周辺)について(2)

2021.12.13
tomakichi note

 

Author name
久保 英彦
元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問
株式会社TOSAMACHINE 顧問

同シリーズ「3.飯田・長野県(勤務地とその周辺)について(1)」へ戻って読む

 

3.飯田・長野県(勤務地とその周辺)について

(2)長野県って? 思いつくままに

長野県は、都道府県ランキングで、面積は4番目の約13,600㎢、人口は16番目の約220万人(2002年当時)である。地形的には日本の屋根と言われている通り山岳地方であり、東西120キロメートル、南北212キロメートルに広がる。南北に長いので、北信、中信、南信に区分され、気候、風土、文化、人々の気質などに違いがみられる。人口については、その後20万人減少して、現在約200万人である。

 

東京に近くて、日本のアルプスと言われる素晴らしい高山景観、多種多様な温泉があるために、観光、避暑などのリゾートの地として、夏山冬山の山登り、スキーやスケートなどのスポーツの地として、1年を通じて賑わっている。

 

産業としては、高地栽培の野菜、りんごなどの果物の産地として有名である。昔は養蚕が盛んであったらしい。

 

工業では、時計、光学機器、精密機器の製造が集積している。高山に囲まれた地域であるところから、日本のスイス、東洋のスイスとも言われてきた。その代表的な企業は時計のセイコーエプソンである。他に、オリンパス、オムロン、日本電産、KOAなどの工場もある。最近、シチズンも時計の工場を飯田につくっている。

 

長野県は、近年、日本一の長寿県になっている、かつては沖縄が日本一であったが。その理由の一説として、減塩活動など食生活改善を進めた結果であるともいわれているが。列島改造で道路建設が進められ、標高1,000メートル以上の高地にも道路網が整備されて、車があれば、高齢になっても不自由なく生活できる環境になっているのである。ちなみに、長野県では、車は一家に1台ではなく、一人1台が普通になっていて、その上に家族共用の軽トラック位持っているのである。

 

次回をお楽しみに~

 

シリーズ:長野県飯田市での勤務と生活(回想)

「プロローグ」
「1.飯田での住まいと通勤の始まり」
「2.勤めた会社(多摩川精機)について」
(1)郷土信州を愛する技術者父子二代によって築きあげられた会社
(2)小型電気モータ(サーボモータ)が事業の中心である
(3)航空機、船舶などへの搭載機構、精密機器、制御装置、試験装置などを幅広く製作している。

(4)ハイブリッド車、電気自動車のための極性反転のためのセンサを大量生産している」
(5)パチンコ玉のランチャーをつくっている!
(6)メイン舞台を支える黒子に徹する企業理念

(7)職場の様子と福利厚生
(8)今後について

「3.飯田・長野県(勤務地とその周辺)について」
(1)田中康夫による県政の改革が進行中であった!

 

 

tomakichiコラム一覧
new
工具の再研磨 端面溝入れのコツ⑤

切削お役立ち情報 No.92   ⼯具選定の基本⑤…チップの選択 ⼀つのホルダーに下記①②③④のチップが装着できる場合、どれを選択すれば、良いのでしょうか︖ ①②は、横に⽮印が付いているので…

2022.11.25 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ④

切削お役立ち情報 No.91   ⼯具選定の基本④…チップ幅の選択 安定した加⼯を⾏うために、スクリュークランプ式ホルダーを選択します。 スクリュークランプ式は、チップを挟み、スクリューで上…

2022.11.18 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ③

切削お役立ち情報 No.90   ⼯具選定の基本③…ホルダーの選択 安定した加⼯を⾏うために、できるだけ曲率が⼤きい(直線に近い)ホルダーを選びます。 加⼯する部位の最⼤径に合わせて、ホルダ…

2022.11.11 続きはこちら
tomakichi note 幡多、秋の海・・

幡多、秋の海・・ ある秋の日・・高知県幡多郡黒潮町・大月町柏島・宿毛市の秋の海を 撮ってきました。 高知市内から約2時間余りで黒潮町の青空いっぱいの太平洋を望み・・大月町柏島に向かいました。 柏島は養…

2022.11.09 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ②

切削お役立ち情報 No.89   ⼯具選定の基本②…ホルダーの選択 安定した加⼯を⾏うために、できるだけ、突き出しの短いホルダーを選びます。     たわみは突出し量の3…

2022.11.04 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ①

切削お役立ち情報 No.88     今回から、端⾯溝の加⼯となります。端⾯溝は、問い合わせが⼀番多い⼯具です。 まずは、⼯具選定のコツから始めたいと思います。 ⼯具選定の基本①……

2022.10.28 続きはこちら
工具の再研磨 内径溝入れのコツ⑦

切削お役立ち情報 No.87 前々回のNo85で、⽌まり⽳の加⼯法をご紹介しましたが、今回はその追加情報となります。 横引き加⼯は、切り屑の分断性、排出性に優れていますが、⽌まり⽳の奥付近では、 切り…

2022.10.21 続きはこちら
工具の再研磨 内径溝入れのコツ⑥

切削お役立ち情報 No.86 突出しが⻑く、切り屑排出が容易でない時は、下記の①②の加⼯⽅法が有効となります。 ①幅の狭いチップで何度か溝⼊れして、最後に仕上げ加⼯を⾏う。    …

2022.10.14 続きはこちら

「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
※他のWeb会議システムにも対応可能です。

ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください