tomakichiコラム

tomakichiコラム

製缶加工とは?特徴とメリット・デメリットについてご紹介

2021.10.30
機械加工

製缶加工とは?

製缶加工とは金属板を曲げたり切断したものを立体的に組み上げる技術のことです。
部分的に機械加工を用いることも可能ですが、機械化が進む現代でも職人が手作業で行っている部分もあります。

ですので、均一な仕上がりというよりも職人の技量によって品質が異なってきます。
金属それぞれの特性を理解した職人が行うことで精度と強度が保たれるのです。
次に製缶加工を行う際の8つのステップについて解説しましょう。

1:設計

製品の図面設計をしますが、この際に重要なのはコストを抑えながら価値を高める、VA・VE提案です。
これを実現させるためには設計の段階から考慮する必要があります。

2:切断・切り抜き加工

素材から必要な形状を抜き取る加工方法です。
製品の素材や完成形によって使用する機材を選ぶことが重要です。

3:曲げ加工

型の上に金属板を設置し、金属を折り曲げながら加工します。
実は曲げ加工は繊細な技術なので、素材に負担のない技法を選ぶことが重要です。

4:溶接

この工程では2つ以上の金属を接合させます。
ここでも素材や用途に応じて加工の種類を選びましょう。

主に使用する機器は不活性ガスのみを使用するMIG溶接と、不活性ガスを噴出させて無酸素状態にした状態で使用するTIG溶接です。

5:穴あけ加工

部品をはめ込むためのボルトなどを固定するための穴をあける工程です。
ドリルをボール盤に取り付けて行ったりマシニングセンタで行われることが多いです。

6:機械加工

工作機械を用いて精密な加工をする工程です。
素材を削りながら理想の完成形に近づけていきます。

7:研磨加工

部品の表面を磨いて素材に艶を出します。
この工程を経ることで、加工処理の跡を目立たなくできます。

8:表面処理

素材の表面に被膜を形成する工程です。
被膜が形成されることで耐食性や導電性、耐熱性などの機能が付与されます。
また着色も可能なので、デザイン性を追加したい際にも使用されます。

製缶加工と板金加工の違いについて

板金加工も金属板に力を加えて変形させる加工方法なので、製缶加工と混同されることが多いです。

しかし、両者の加工方法は厳密には異なるので、加工する素材や完成形に応じて使い分ける必要があります。

両者の最大の違いは扱う金属の厚さにあります。
製缶加工は板厚が厚いもの(7mm以上)を加工できるので、建物の鉄骨やタンクなどを製作するのに向いています。

また金属板を曲げて上記で紹介したような工程を経るので、アルミニウムやステンレスを用いて立体的で複雑な形のものを作れます。

一方で板金加工は合金から非金属まで幅広い材料を扱えますが、主に薄い金属板(7mm以下)を使います。
曲げたり溶接したりという加工を施すのは同じですが、金属の厚さに違いがあるということです。

製缶加工のメリットとデメリット

最後に製缶加工のメリット・デメリットをご紹介します。

メリットは強度の高い筐体(きょうたい)構造物を作れることです。
筐体とは機能を持つ機械や電気機器などを収めた箱のことを言いますが、ある程度の厚さの金属板を加工できるという特徴がここからも分かります。
さらに比較的大型のものも対応できるというメリットもあります。

デメリットは板金加工とは大きさと用途が異なるため、違った知識や技術が必要になることです。
上記でも触れましたが、製缶加工は手作業による作業もある程度必要でしたね。
そのため特別な知識や技術が必要になることや、大量生産をするのに向いていないというデメリットがあります。

また、大型で重量がある製品を扱うので、自動化が難しいという点も短所かもしれません。
自動化が困難ということはその分製作コストがかかってしまうからです。

精密機械加工のことなら「ものづくりサポートセンターtomakichi」まで!

 

今回は、製缶加工の特徴とメリットデメリットついてご紹介しました。

製缶加工とは金属板を加工したものを立体的に組み上げる加工方法です。
強度が高く大型の構造物を作成するのが可能という点が最大のメリットでしょう。

ものづくりサポートセンターtomakichiでは短納期・低価格・高品質の精密部品加工を実現します。

ものづくりサポートセンターtomakichiは、県内外企業との強固なネットワークと長年培った経験と実績をもとに、

あらゆる加工のご要望に柔軟かつスピーディに対応いたします。

複数工程にまたがる製品でも、当社が一括で管理を行い、お客様の管理工数の削減を致します。

また、どこに頼めばいいかわからない難削材加工や特別な表面処理でも、

当社の幅広いネットワークを駆使して、最適なサプライヤーを選定いたします!

さらに当社がお客様の窓口となることで、

複雑かつ無駄の多い手配先管理業務を簡素化・効率化をし、お客様のコストダウンに繋げるとこが可能です。

当社で対応可能な材質は、鉄・鋳物・特殊鋼・ステンレス鋼・アルミ、

旋盤加工・フライス・キー溝加工・板金レーザー加工・溶接・製缶加工、

ワイヤーカット加工・表面処理・熱処理・研磨・特殊刃物加工などあらゆる加工方法に自身を持っています!

また、上記にない複雑な材質・加工方法でも対応できることがありますのでぜひご相談ください!

 

「どこに加工を頼んだらいいかわからない」

「時間・工数が合わない」

「コストがあわない」

上記のようなお悩みをお持ちの方は是非当社に一度ご相談ください。

 

>>お問い合わせはこちら

 

>>当社の精密機械加工事例はこちら

tomakichiコラム一覧
new
tomakichi note 墨絵の世界

ある日の午後・・ 「墨絵の世界」に遭遇・・魅入ってしまう、感じたことは・・ 芸術もものづくりもベースは同じではと? 豊かさと創造そして未来造りを醸し出すから・・  

2022.05.13 続きはこちら
工具の再研磨 突切加工のコツ②

切削お役立ち情報 No.64 下記の図をご覧ください。1994年JIMTOFで配っていたイスカルのチラシです。横綱:曙を起用しています。 (当時の)新材質のPRチラシです。 謳い文句は、 There …

2022.05.06 続きはこちら
tomakichi note 41年間ご苦労様でした・・

 昨日(4月30日)41年間共にTOSAMACHINEで働いてくれた社員 僕の子飼い・・古い言い方かもしれませんが、なんとなく情を感じさせてくれませんか? そんなわけで、送別会を、皆揃っての宴は3年ぶ…

2022.05.01 続きはこちら
工具の再研磨 突切加工のコツ①

切削お役立ち情報 No.63 突切、溝入れ加工のコツについて行います。まずは、突っ切り加工です。 <突っ切り加工とは> ・自動で連続生産を行うために、部品加工の終了後に、仕上がった部品を切り落とすこと…

2022.04.29 続きはこちら
高知専門工事 建物・工場から雨漏り発生時の対策を解説【高知県の皆様へ】

  高知県在住の皆様。このようなお悩みはありませんでしょうか?   ・台風や梅雨に備えて雨漏り対策がしたい ・雨漏りが発生しているが原因がわからない ・そもそも最寄りの雨漏り補修業者がわから…

2022.04.22 続きはこちら
工具の再研磨 ねじ切りについて⑩

切削お役立ち情報 No.62 今回は左ねじ加工の裏ワザです。 下記の赤枠部、ツールパスとシート交換により、右勝手ホルダーで、左ねじを切ることが出来ます。  

2022.04.22 続きはこちら
tomakichi note tomakichiの強み・・

去る4月13日(水)切削工具のトップブランドメーカー  オーエスジー株式会社さんのNEO新城工場見学会に出席です。 未来先端工場と位置付けされるNEO新城工場は、超硬エンドミル、超硬タップ ハイスエン…

2022.04.17 続きはこちら
工具の再研磨 ねじ切りについて⑨

切削お役立ち情報 No.61 リード角について 内径ねじは要注意 写真のような、小径用の内径ホルダーには、シートがついていません(小さいため、シートが付けられません)。チップが直付けとなるため、リード…

2022.04.15 続きはこちら

ご相談・お問い合わせは
こちらから!

お問い合わせフォーム

CONTACT US
弊社に興味を持って頂きありがとうございます。
当サイトに関するご相談・ご質問は下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

    郵便番号
    (必須)

    「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
    tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
    ※他のWeb会議システムにも対応可能です。

    ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください