tomakichiコラム

tomakichiコラム

コンプレッサーの修理が必要な故障原因とは?

2021.03.05
高知県専門工事

 

空気圧縮機と呼ばれるコンプレッサーは、空気やガスを圧縮することにより運びやすく、

動力を伝えることが出来るために、産業活動において非常に重要な役割をしています。

そのため、コンプレッサーに使用される部品は耐久性のある部品で構成されています。

しかし、使用環境が悪いと、やはりコンプレッサーは故障してしまい、修理に非常に時間がかかってしまいます。

コンプレッサーの故障を防ぐためには、その故障原因を把握しておく必要があります。

そこで今回は、コンプレッサーの故障原因とその対策方法について紹介します。

 

 

■コンプレッサーの故障原因とは

コンプレッサーの設置場所と致しましては、工場内、屋外、家庭内など様々な場所で使用されています。

そのコンプレッサーの故障原因は大きく「ゴミ詰まり」「冷媒漏れ」「劣化」の3種類が考えれらます。

①ゴミ詰まり

工場内での使用または屋外の使用では、鉄粉や石粉、研磨粉、木屑がコンプレッサー付近に飛来します。

これらのゴミがフィルターの目詰まりを引き起こし、昇圧不良、吐出空気量の低下に繋がります。

その状態が続くと、圧縮室内が高温になり最終的にはコンプレッサーが焼き付き、破損に至ります。

 

②冷媒漏れ

コンプレッサーとは、冷媒の温度をコントロールするパーツで、

集めた熱を圧縮し、冷媒が熱を放出しやすい温度に調節する役割があります。

しかし、配管工事での工事不備や溶接不良、そして室外機を動かすことによる損傷にて、

冷媒ガスがコンプレッサー内部から外気に漏れることにより、一緒に内部のオイルが漏れだします。

それが原因となり、コンプレッサー内のオイルが不足することによる摩擦が生じ、コンプレッサーの故障に至ります。

 

③劣化

コンプレッサーの寿命は約10年が一般的であり、

10年を過ぎると部品の交換やメンテナンスの実施が推奨されています。

また、吸い込み空気の温度が40度以上であれば、潤滑油の劣化が早まってしまう場合

コンプレッサー同士の間隔を空けずに設置している場合には、

お互いに温度影響を受けやすくなってしまい、寿命が短くなってしまいます。

特にコンプレッサーの寿命では、異音や嫌なニオイがする、

パワーの低下等の症状が表れますので、こちらに注目していただきたいです。

 

このように、コンプレッサーは使用環境によって故障しやすくなってしまうので、

使用環境を見直してみることを推奨します。

 

 

■コンプレッサーの故障を防ぐ方法とは

コンプレッサーの故障をすると、修理の時間は非常に長いものです。

そのためにも、先述しましたコンプレッサーの故障要因からそれらを予防することが重要です。

使用環境を設置前に確認しておくことは必須となりますが、それ以外にも注意していただきたい点がございます。

そこで、どのようにしたら安心して使用できるかをご紹介いたします。

 

 

①こまめに掃除する

コンプレッサーの故障原因でもあるゴミ詰まりを防ぐためにも、フィルターの掃除が必須となります。

特に工場内では、加工時に生成した際に出るプラスチックや金属の破片が多く、フィルターに溜まります。

そのためにも、週1回の目視による確認と月に1回は溜まっているごみを取り除くことを推奨します。

 

②室外機にカバーをつける

こちらも外部からのゴミを防ぐことが出来るほか、風雨か守ることが出来ます。

カバーを取り付けることは非常に簡単なことのために、

故障の予防になるのかと疑問に思うかもしれませんが、このように小さな日々の蓄積が故障を防ぎます。

 

③使用時間を短縮する

稼働時間が長くなると故障の可能性が高まるので、稼働時間を制限することも重要です。

コンプレッサーは一度動き出すと24時間365日稼動しつづけます。

それは、年間には約8,000時間強も動きつづけていることになるのです。

また、停電時には瞬間的に電圧が掛かってしまい、故障を誘発します。

この現象を防ぐ為にも、コンセントを抜いておくことが非常に効果的です。

 

 

■まとめ

今回は、コンプレッサーの修理が必要な故障原因とその対策方法について紹介しました。

コンプレッサーの故障にお悩みの場合は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

また、当社では、コンプレッサーの使用環境についてのご相談を受け付けております。

お気軽にご相談、お問い合わせください。

>>>お問い合わせはこちら

>>>コラム記事一覧はこちら

tomakichiコラム一覧
new
切削加工のワンポイント 温度上昇と工具寿命の関係

切削お役立ち情報 No.26 火は、人間の生活にとって、欠かすことのできないものです。 人類の歴史を紐解いてみると、全ての時代を通じて、人の営みを支えてきたのが、火であることに気が付くでしょう。 今は…

2021.03.05 続きはこちら
new
精密機械加工 マシニング加工とは?旋盤との違いや加工可能材料についてご紹介!

マシニング加工とは? マシニング加工とは、マシニングセンタを使用し、材料を切削する機械加工のことを指します。 マシニングセンタでは、ATC(自動工具交換機能Automatic Tool Changer…

2021.03.05 続きはこちら
new
工具の再研磨 エンドミルの外周刃とは?外周刃の再研磨する方法もご紹介します!

皆さんはエンドミルの再研磨についてどれだけご存知でしょうか。 普段使用している切削工具は、摩耗による切れ味の悪化が製品の品質に左右されます。 そのために、再研磨は再び使用できる状態に修復することで、 …

2021.03.05 続きはこちら
new
工具の再研磨 切削工具のドリルを再研磨するタイミングとは?

切削工具の再研磨をするか否かを判断するのは非常に難しいです。 工具の刃先がボロボロの場合や海外製の工具である場合など様々な場合が考えられます。 そこで今回は、工具の一つであるドリルを再研磨をするタイミ…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 切削条件と工具寿命の関係

切削お役立ち情報 No.25 さて、これまで切削条件について、お話をしてきましたが、今回は、アプローチを変えて、化学の話をしたいと思います。   全ての物体には、融点・沸点というものがありま…

2021.03.05 続きはこちら
おもしろい雑学 長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・1.飯田での住まいと通勤の始まり

  Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 「長野県飯田市での勤務と生活(回想)」シリーズ・ <<…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 加工条件~送りについて

切削お役立ち情報 No.24 切削加工とは、工具を押し付け、金属材料の表面を剥ぎ取るようにして削る方法です。 前回も同じことを書きました。   りんごの皮むきを例に説明しましたが、今回も同じ…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん ものづくり「いつかは、クラウン・・」①

むかし・・「いつかはクラウン・・」に・・乗ってみたい・・乗りたい 若者が大人になったらと・・夢を持てるそんなCMを思い出しました。 では、現在の若者達は・・何でしょうか・・? LEXUS・・? 気にな…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 周速の変化 ~フライス・ドリル編

切削お役立ち情報 No.23 前回は、周速を求める公式、周速(V) = ワークの直径(D)×π ×回転数(N) ÷ 1000 を使って、 旋盤加工での周速の変化を説明しました。   今回は、…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 加工条件について考える ~周速の変化~

切削お役立ち情報 No.21 前回、周速を求める公式、周速(V) = ワークの直径(D) × π × 回転数(N) ÷ 1000 の解説をいたしました。   今回は、切削加工中の周速の変化、…

2021.03.05 続きはこちら
おもしろい雑学 長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・プロローグ

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問   プロローグ 還暦を迎えた年(2002年)の3月、国家公務員を定年…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 持ち帰った「りゅうぐうの石」

2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」は、2018年6月に 小惑星「リュウグウ」に到着。2019年末にリュウグウを出発、2020年12月6日地球に帰還。 その目的は、地球の水は…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 加工条件について考える ~周速とは

切削お役立ち情報 No.20 前回、旋削・転削加工の違いについて解説しましたが、どちらにもに関係してくる「切削条件」について、解説致します。「切削条件」の中で、今回取り上げるテーマは「周速」です。加工…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 梅雨明けが待ち遠しい

梅雨の合間の青空に誘われて、TOSAMACHINEから車で約20分東に走ると 夜須の浜辺です。丁度昼時、昼休みを利用?してベンチでランチ、家族連れ、 友達同士で散歩、ビーチバレーで汗を流す若者達などな…

2021.03.05 続きはこちら
おもしろい雑学 野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)・・・5.忍び寄る過疎化、野原の行く末は?(勝手な推量、蛇足)

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問   「野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)」シリーズ・・・「4.変…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 旋削・転削とは。。。

切削お役立ち情報 No.19 今回からは、加工条件について基本的なことを解説してまいります。 「もう知ってるよ」「何を今更…」と思われるユーザー様もおられるかと思いますが、お付き合いください。 「切削…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 超硬以外のチップ材質まとめ

切削お役立ち情報 No.18 これまで様々なチップ材質について解説してきましたが、高硬度材加工に適したのは、どの材質だったでしょうか。 そうです。CBNです。 数回にわたって、材質毎に異なった特性があ…

2021.03.05 続きはこちら
高知県専門工事 工場の暑さ対策進んでいますか?

機械稼動数の多い工場ほど機械が稼働した際に熱エネルギーが多く工場内に 多く放出され、それが機械自体に熱を帯びさせてしまうために、 室温は上昇しやすくなります。特に機械稼働数が多い工場などでは、 日射熱…

2021.03.05 続きはこちら
おもしろい雑学 野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)・・・4.変わり種の出現にも負けず

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問   「野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)」シリーズ <&l…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 焚き火台

先日のtomakichiコラム初めての買い物 - tomakichi (トマキチ) - ものづくりサポートセンター で紹介した愛知の自動車部品メーカー(有)キクチエンジニアリングさんの焚き火台を 吉野…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 切削工具と陶磁器

切削お役立ち情報 No.17 サーメット、CBN、ダイヤモンドに引き続き、超硬以外の材質、今回はセラミックス(Ceramics)の説明です。 セラミックスとは、広義には、陶磁器全般を指しています。一般…

2021.03.05 続きはこちら
精密機械加工 図面の書き方・見方【入門編】

入門編では部品を立体から平面図の作成・平面図から立体図の作成です。 まずは前・上・横から見た図経緯を書くと それぞれ長方形、長方形、正方形に見えます。 つまり立体的に見ると四角柱となります。 このよう…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 光が生命に変わるとき・・②

わたしが小学生の時(昭和32年頃)、通学路に息が出来ない程の悪臭と真茶色の小川が 流れていました。でも、当時はそれが当たり前のように思っていたのです・・ 多分地元の方も慣れていたのでしょうか・・? 実…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント ダイヤモンドは永遠の輝き

切削お役立ち情報 No.16 「ダイヤモンドは永遠の輝き(A Diamond is Forever)」とは、デビアス社が打ち出した有名なキャッチフレーズです。現在では、世の女性の憧れであるダイヤモンド…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 初めての買い物

先日NHKニュースで紹介された愛知の自動車部品メーカー(有)キクチエンジニアリングさんの キャンプ用具「焚火台」を買い求めました。 コロナ渦の中、持ち前の金属精密加工技術と趣味を活かして開発したとのこ…

2021.03.05 続きはこちら
高知県専門工事 雨漏りの発生原因と修理の費用相場とは?

6月から梅雨の季節が到来します。 建物にとってこの季節は天敵とも言える季節でございます。 連日の雨によって建物へのダメージが蓄積し、老朽化と錆の発生による突然の雨漏りに発展してしまいます。 梅雨時期に…

2021.03.05 続きはこちら
おもしろい雑学 野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)・・・3.人間の係わり-里山的野原の平和の維持

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問   「野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)」シリーズ <&l…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント 高硬度な被削材に対応したCBNとは?

切削お役立ち情報 No.15 前回は、サーメットについて解説しました。 今回は、さらに硬い工具、CBNについてのお話です。まず、根本的な問題として、なぜ切削工具(またはその刃先)は高硬度でなければなら…

2021.03.05 続きはこちら
みやちゃん 逆風、向きを変えれば追い風に・・

(昭和を残す55番街・・高知市)↑ 最近Amazonで見た「ジャッジ」の1セリフ・・ 「逆風も向きを変えれば追い風になる・・」ゴルフでは、アゲンスト・・ホローと 風がプレー(上手くなればなるほど😅)に…

2021.03.05 続きはこちら
切削加工のワンポイント サーメット工具の特徴と使い分け

切削お役立ち情報 No.14 前回は、サーメットを構成する成分についてお話しました。 今回は、さらに詳しいサーメット工具の特徴を説明していきたいと思います。<サーメット開発の背景> 歴史は、第二次世界…

2021.03.05 続きはこちら
tomakichiコラム一覧
カテゴリー
最近のコラム
tomakichiちゃんねる
オンライン商談も承ります
詳しくはお問い合わせください