tomakichiコラム

tomakichiコラム

Winter in Kochi

2020.12.31
みやちゃん

Author name
Ezra Eeman(エズラ エーマン)
(スイス ジュネーヴ在住)

EBU (European Broadcasting Union) Senior Manager/Head of Digital, Transformation, Platform

株式会社TOSAMACHINE 代表取締役社長 宮本隆義の娘婿
翻訳:株式会社TOSAMACHINE 取締役 海外事業部 本部長 宮本詠子

Winter in Kochi

20年程前から、高知を訪れるのは私の恒例行事となっている。空港には、笑顔で私たちを迎えてくれる家族、街の郊外に位置する宮本家までの車での道のり。皆で暖かいご飯を囲み、お酒を酌み交わし、今年の出来事について大声で笑いながら語る。

凄まじいスピードで変化していく世の中で、高知は私の心を休ませてくれる場所である。ここでは時間の過ぎるスピードは弱まり、過ぎ行く年と迎える年との束の間が、ゆったりとさえ感じる。
干支の動物に従い、犬から猪、猪から鼠、鼠から牛へと年は変わっていく。

日中は、この機会にとスーツケースに詰め込んだ数冊の本を読む。天気が良い日には、走りながら体の中に高知の景色を取り入れる。コンクリートと田圃の入り混じった道、遠くにある物静かな山々。この時期にはめっきり水量の減った水路を越える。空気は冷たく新鮮だ。

夜になると、家族、親戚、友達が集まり、テーブルを囲む。小さなストーブが部屋を温め、私は義父の話に耳を傾け、その側で、ばあちゃん(義母)は料理を作り、皆のお皿によそう。

だが、今年は違った。もう少しでこの恒例の行事を逃す所だった。パンデミックに全てを乱された。数回に及ぶ検査、提出する書類の山、14日間に及ぶ大阪での隔離を経て、ようやく家族に会うことができた。長年当たり前だと思っていた事が、突然、不可能になりそうだった。スイスと日本との距離が、広大な大陸と海よりさらに遠く、日本という身近だった国が、まるで異次元の世界にあるように感じた。この得体の知れないウイルスに私たちは、翻弄され、気づけば締め出されていた。

このパンデミックは、いつもの日常が、いつも同じであるという保証はない事を明確にした。でもそれは、恐れを抱いたり、絶望を促すものではなく、本当に大切な物に心を注ぐ事が重要であることを気づかしてくれたのではないかと思う。物質的な事より、愛する人たちとの繋がり。敷かれたレールの人生より、何かを達成したいという感覚。そして自分自身の執着より、他人への共感。

私にとって高知とは、今に感謝をし、今に心を入れて生きることの大切さを気づかせてくれる場所である。
皆様にも私にとっての高知があることを願って。

Happy New Year.
良いお年を。


【原文】

Winter in Kochi

Since almost 20 years coming to Kochi has become a ritual. The Miyamoto family waiting at the airport. The short drive home to the house in suburbs of the city were the food is warm and plenty. After a few drinks we laugh loud and share stories of another year that has passed.

In a fast moving world I always feel Kochi brings me rest. Time slows down here, gets stretched between the end of the old and the beginning of the new year. We went from the ox to the tiger here, from the dragon to the snake, from the dog to the pig and every other animal in the Chinese zodiac.

During the day I can clear my head. I read one of the many books I’ve packed for the occasion or run through the field behind the house. I take in the landscape: the mix of concrete and small patches of farmland, the silent mountains in the distance. I cross the canal where the water is always low in this season. The air is crisp and cold.

During the night the house fills up. Family and friends gather around the kitchen table. A small stove heats the room and I listen to the stories of my father in law while ba-chan fills our bowls with baked rice.

This year was different. We almost missed the appointment to be here. The pandemic disrupted everything. Only after series of stringent tests, a mountain of paperwork and a quarantine in Osaka were we able to join the family. What we took for granted for so many years became suddenly something nearly impossible. The distance between Switzerland and Japan appeared to be much more than just a vast stretch of land and ocean. It felt more like a portal to another dimension had closed. Without notice we found ourselves locked out, at the mercy of an incalculable deadly virus.

The pandemic has made clear that we shouldn’t assume what we have. Everything can change overnight. And nobody has a map for the future. That doesn’t mean we should be afraid or despair. But rather be mindful of what really matters. The connection to people we love rather than the things we have, a sense of what we want to achieve rather than a fixed path for our life and empathy for others rather than an obsessions with ourselves.

I wish everyone a place like Kochi. A place that keeps you centered and thankful.

Happy New Year.

tomakichiコラム一覧
new
みやちゃん 絶滅危惧種「ガンゼキラン大群落」

絶滅危惧種「ガンゼキラン」高知県立牧野植物園 2021年5月10日(月)〜5月16日(日)までの1週間限定で未公開園地に 広がる大群落を公開しています。 NHKテレビ(高知版)で紹介されたこともあって…

2020.12.31 続きはこちら
new
おもしろい雑学 野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)・・・2.まず蓬が優勢に、遅れてすすきの台頭

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 「野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)」シリーズ・・・「1.野原の覇権争い」…

2020.12.31 続きはこちら
new
みやちゃん 光が生命に変わるとき・・①

1971年6月(昭和46年)高知パルプ生コン事件から今年2021年で50年。 死んでいた浦戸湾は時を得て、 高知市民だけでなく、生きとし生けるものの生命の恵みとして蘇った。 その先人の尊い志を形にして…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん 博士の誕生日

4月24日は植物学者牧野富太郎博士の誕生日です。 みなさんは、土佐の高知の偉人は・・?と尋ねられると多分一番は 坂本龍馬でしょうか?確かに龍馬は「日本は一度せんたくいたし申候」と 言った・・いや今ほど…

2020.12.31 続きはこちら
おもしろい雑学 野原の春秋(小百姓のちょっとした考察)・・・1.野原の覇権争い

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問   はじめに 1976年から1985年までの9年間、東京都西多摩郡日…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん 打つ手は無限・・

少し早く目覚めたある朝のニュースに 新型コロナ感染で大打撃を受けながらも先輩から教わった 「打つ手は無限」を座右の名としてこの逆光の中、逞しく次々と アイディアを出し光を見出している青年養殖業者さんを…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント 8020運動

切削お役立ち情報 No.11 ハチマルニイマル 「8020運動」って知ってますか?日本歯科医師会では、80歳になっても自分の歯を、20本以上保とうと いう、8020運動を展開しています。 人間の歯は、…

2020.12.31 続きはこちら
高知県専門工事 工場の雨漏り発生原因とそれに伴う危険性とは?

工場の雨漏りについては、一般住居とは違い人が永続的にその場所に居座ることが少なく 事業活動に支障がない場所での発生に関しては放置してしまいがちです。 しかし工場には、顧客の大切な製品や、高額な製造設備…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント PMKの語源にみる使い分け

切削お役立ち情報 No.10 今回は、超硬にまつわるトリビアをひとつ紹介します。 この、イスカルお役立ち情報の第6回で、チップケースの見方について、解説したのを覚えていますか? チップケースの裏には、…

2020.12.31 続きはこちら
精密機械加工 レーザー加工とは?加工のメリットやデメリットを紹介

レーザーカット加工とは、光を用いる加工方法です。非接触型の加工方法となるため、仕上がりが綺麗 であったり、光のため細かなデザインが可能となり高度な加工を可能とするといったようなメリットが 多くあります…

2020.12.31 続きはこちら
おもしろい雑学 日の丸ジェット旅客機への思いと次期戦闘機開発への期待・・3.結びに代えて(独り言)

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 3.結びに代えて(独り言)  index ③ 戦闘機とのかかわり ④ 次期戦闘…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント 理にかなったコーティング

切削お役立ち情報 No.09 前回は、チップの色の違いに、ちゃんと意味があるという、お話をしました。 今回は、幾つかあるコーティング材質の組み合わせの中で、代表的なものを取り上げて、コーティング材質の…

2020.12.31 続きはこちら
耳より情報 海外販路開拓する上で重要なこととは?

  少子高齢化社会が進む日本においては、市場の縮小化がここ十年で急速に加速化しております。 また、グローバル化の流れによる日本人の趣味嗜好が洋風化したことにより さらに日本の伝統品の売れ行き…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん ものづくりの起源・・その④ 奇跡

ものづくりの起源・・その④ 奇跡 少し話がそれますが、 私がTOSAMACHINEに入社した当時(昭和45年頃)は タップの材質は殆どタングステンで、 ハイスタップを使用しているお客さんはごく一部の工…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント 輝くゴールドは、高級感の象徴~チップコーティング材質について~

切削お役立ち情報 No.08 キラリと光るゴールドの輝き、とは腕時計のお話。スーツの袖から覗かせる輝きが、ラグジュアリー感を演出します。誰よりも洗練された時間を刻みたい、そんな貴方にぴったりの一品。と…

2020.12.31 続きはこちら
おもしろい雑学 日の丸ジェット旅客機への思いと次期戦闘機開発への期待・・2.次期戦闘機開発への期待-③-④

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 2.次期戦闘機開発への期待  index ③ 戦闘機とのかかわり ④ 次期戦闘…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん 土佐の高知えいところ③堀川沿いの桜街道

tomakichiちゃんねるでは、2021.4.5からtomakichi工場長の本当にやさしい図面の描き方・見方 【入門編1】 が始まります。ものづくりに初めて携わる方にもtomakichi工場長がわ…

2020.12.31 続きはこちら
耳より情報 事業再構築補助金についてご存知でしょうか?

事業再構築補助金の公募開始が3月26日(金)から開始されました。 事業再構築補助金は、製造業の皆様にも適用でき補助額が「最大1億円」という素晴らしい補助金です。 ・事業再構築補助金とは、どんな補助金だ…

2020.12.31 続きはこちら
精密機械加工 精密機械加工における費用相場とコストダウン方法について

工作機械の加工方法は大きく切削加工、研削加工、特殊加工の3つの分類に分けることが出来ます。 しかし、一社だけで全ての加工方法を賄えることは少なく、必然的に外注する企業が多いです。 その自社で加工が難し…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん 土佐の高知えいところ・・②モネの庭マルモッタン

高知市内中心部から車で約80分、安芸郡北川村に位置している 「モネの庭」マルモッタンの春チューリップ園を紹介します。 北川村のモネの庭マルモッタンは、印象派巨匠クロードモネが43歳から 生涯の半分を過…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント 日本刀ができるまで・・・

切削お役立ち情報 No.07 みなさんも一度は目にしたことがある時代劇での殺陣のシーン・・・ 殺陣のシーンで必ず出てくるのは、そう「日本刀」!! 今回は、日本刀の作り方を手短にご紹介いたします。 日本…

2020.12.31 続きはこちら
おもしろい雑学 日の丸ジェット旅客機への思いと次期戦闘機開発への期待・・2.次期戦闘機開発への期待-①-②

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問     2.次期戦闘機開発への期待  index ① つい…

2020.12.31 続きはこちら
工具の再研磨 工具を再研磨するメリットは?

皆さんは工具を再研磨するメリットをご存知でしょうか。 幅広い素材の切削するにつれて、切削工具は摩耗による切れ味の悪化が製品の品質に左右されます。 そのために、再研磨は再び使用できる状態に修復することで…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント チップケースの裏、見ていますか?

切削お役立ち情報 No.06   皆さんは、チップケースの裏に切削条件が書いてあるのをご存知ですか?チップケースの裏をみると、右図のようになっています。 このP・M・Kというのは、被削材別の…

2020.12.31 続きはこちら
みやちゃん 牧野植物園の春・・

  高知県立牧野植物園の春をご紹介しましょう・・!! 高知県出身の世界的な植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰するために1958年(昭和33年)開園されました。 約3000種の植物が四季折々…

2020.12.31 続きはこちら
高知県専門工事 コンプレッサーの修理が必要な故障原因とは?

  空気圧縮機と呼ばれるコンプレッサーは、空気やガスを圧縮することにより運びやすく、 動力を伝えることが出来るために、産業活動において非常に重要な役割をしています。 そのため、コンプレッサー…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント ホルダーの寿命を延ばそう!!

切削お役立ち情報 No.05 チップクランプスクリューに焼き付け防止剤を塗布していますか? 特に高価な小径ボーリングバーでは、スクリューの焼き付けでホルダー全部をダメにしてしまう例が多いです。面倒くさ…

2020.12.31 続きはこちら
おもしろい雑学 日の丸ジェット旅客機への思いと次期戦闘機開発への期待・・1.日の丸ジェット旅客機への思い-③-④

Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問     1.日の丸ジェット旅客機への思い  index ③…

2020.12.31 続きはこちら
切削加工のワンポイント 部品交換していますか?

切削お役立ち情報 No.04   ホルダーへの関心は、チップに比べると、きわめて少ないと思う。トラブル防止の為にも、ホルダーの点検をして欲しい。   チップ刃先の性能は、チップを固…

2020.12.31 続きはこちら
高知県専門工事 コンセント増設工事

ご存知でしょうか?出火原因で意外と多いのが電気配線絡みなことを。 オフィスや現場事務所などの建屋を設置した当時はなかった電気製品が快適電化され 電子レンジ・電気ケトル・コーヒーメーカー・加湿器・TVな…

2020.12.31 続きはこちら
tomakichiコラム一覧
カテゴリー
最近のコラム
tomakichiちゃんねる
オンライン商談も承ります
詳しくはお問い合わせください