tomakichiコラム

tomakichiコラム

突切加工のコツ②

2022.05.06
工具の再研磨

切削お役立ち情報 No.64

下記の図をご覧ください。1994年JIMTOFで配っていたイスカルのチラシです。横綱:曙を起用しています。

(当時の)新材質のPRチラシです。 謳い文句は、

There Have Never Been Tougher Grades The Difference !
(今までにこんなタフな材質はなかった!! 違いを見て!!)

25年前の材質ですが、未だに現役で、突っ切り加工等で使われています。
IC328は、謳い文句通り、タフな材質(靱性がある)で、切り落とし時に大きな衝撃が発生する突っ切りには、最適です。
突っ切りは、最終加工であり、無人化が求められるので、刃先が欠けないことが工具に求められます。
IC354は、P種(鋼材向け)で、硬度が20-40、及びM種(ステンレス材向け)では、硬度が10-30です。
1から50の数字が割り振られ、数字が大きいほど靱性があり、逆に数字が小さいと硬く、耐摩耗性を持つ材質になります。
一方、IC328は、P種の20-50、M種の30-40になるため、IC354と比較すると、靱性が高く、欠けにくい反面、耐摩耗性は、IC354に軍配が上がり、突発欠損が無い限りは、IC354の方が長寿命になりやすい傾向があります。
しかし、六角材のような、断続加工になる突っ切りの場合は、欠損しにくい、IC328が推奨されます。
このように、被削材の特性、加工内容(連続・断続)で、チップ材質を使い分ける必要があります。

 

tomakichiコラム一覧
new
工具の再研磨 端面溝入れのコツ⑤

切削お役立ち情報 No.92   ⼯具選定の基本⑤…チップの選択 ⼀つのホルダーに下記①②③④のチップが装着できる場合、どれを選択すれば、良いのでしょうか︖ ①②は、横に⽮印が付いているので…

2022.11.25 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ④

切削お役立ち情報 No.91   ⼯具選定の基本④…チップ幅の選択 安定した加⼯を⾏うために、スクリュークランプ式ホルダーを選択します。 スクリュークランプ式は、チップを挟み、スクリューで上…

2022.11.18 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ③

切削お役立ち情報 No.90   ⼯具選定の基本③…ホルダーの選択 安定した加⼯を⾏うために、できるだけ曲率が⼤きい(直線に近い)ホルダーを選びます。 加⼯する部位の最⼤径に合わせて、ホルダ…

2022.11.11 続きはこちら
tomakichi note 幡多、秋の海・・

幡多、秋の海・・ ある秋の日・・高知県幡多郡黒潮町・大月町柏島・宿毛市の秋の海を 撮ってきました。 高知市内から約2時間余りで黒潮町の青空いっぱいの太平洋を望み・・大月町柏島に向かいました。 柏島は養…

2022.11.09 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ②

切削お役立ち情報 No.89   ⼯具選定の基本②…ホルダーの選択 安定した加⼯を⾏うために、できるだけ、突き出しの短いホルダーを選びます。     たわみは突出し量の3…

2022.11.04 続きはこちら
工具の再研磨 端面溝入れのコツ①

切削お役立ち情報 No.88     今回から、端⾯溝の加⼯となります。端⾯溝は、問い合わせが⼀番多い⼯具です。 まずは、⼯具選定のコツから始めたいと思います。 ⼯具選定の基本①……

2022.10.28 続きはこちら
工具の再研磨 内径溝入れのコツ⑦

切削お役立ち情報 No.87 前々回のNo85で、⽌まり⽳の加⼯法をご紹介しましたが、今回はその追加情報となります。 横引き加⼯は、切り屑の分断性、排出性に優れていますが、⽌まり⽳の奥付近では、 切り…

2022.10.21 続きはこちら
工具の再研磨 内径溝入れのコツ⑥

切削お役立ち情報 No.86 突出しが⻑く、切り屑排出が容易でない時は、下記の①②の加⼯⽅法が有効となります。 ①幅の狭いチップで何度か溝⼊れして、最後に仕上げ加⼯を⾏う。    …

2022.10.14 続きはこちら

「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
※他のWeb会議システムにも対応可能です。

ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください