tomakichiコラム

tomakichiコラム

突切加工のコツ②

2022.05.06
工具の再研磨

切削お役立ち情報 No.64

下記の図をご覧ください。1994年JIMTOFで配っていたイスカルのチラシです。横綱:曙を起用しています。

(当時の)新材質のPRチラシです。 謳い文句は、

There Have Never Been Tougher Grades The Difference !
(今までにこんなタフな材質はなかった!! 違いを見て!!)

25年前の材質ですが、未だに現役で、突っ切り加工等で使われています。
IC328は、謳い文句通り、タフな材質(靱性がある)で、切り落とし時に大きな衝撃が発生する突っ切りには、最適です。
突っ切りは、最終加工であり、無人化が求められるので、刃先が欠けないことが工具に求められます。
IC354は、P種(鋼材向け)で、硬度が20-40、及びM種(ステンレス材向け)では、硬度が10-30です。
1から50の数字が割り振られ、数字が大きいほど靱性があり、逆に数字が小さいと硬く、耐摩耗性を持つ材質になります。
一方、IC328は、P種の20-50、M種の30-40になるため、IC354と比較すると、靱性が高く、欠けにくい反面、耐摩耗性は、IC354に軍配が上がり、突発欠損が無い限りは、IC354の方が長寿命になりやすい傾向があります。
しかし、六角材のような、断続加工になる突っ切りの場合は、欠損しにくい、IC328が推奨されます。
このように、被削材の特性、加工内容(連続・断続)で、チップ材質を使い分ける必要があります。

 

tomakichiコラム一覧
new
tomakichi note 墨絵の世界

ある日の午後・・ 「墨絵の世界」に遭遇・・魅入ってしまう、感じたことは・・ 芸術もものづくりもベースは同じではと? 豊かさと創造そして未来造りを醸し出すから・・  

2022.05.13 続きはこちら
工具の再研磨 突切加工のコツ②

切削お役立ち情報 No.64 下記の図をご覧ください。1994年JIMTOFで配っていたイスカルのチラシです。横綱:曙を起用しています。 (当時の)新材質のPRチラシです。 謳い文句は、 There …

2022.05.06 続きはこちら
tomakichi note 41年間ご苦労様でした・・

 昨日(4月30日)41年間共にTOSAMACHINEで働いてくれた社員 僕の子飼い・・古い言い方かもしれませんが、なんとなく情を感じさせてくれませんか? そんなわけで、送別会を、皆揃っての宴は3年ぶ…

2022.05.01 続きはこちら
工具の再研磨 突切加工のコツ①

切削お役立ち情報 No.63 突切、溝入れ加工のコツについて行います。まずは、突っ切り加工です。 <突っ切り加工とは> ・自動で連続生産を行うために、部品加工の終了後に、仕上がった部品を切り落とすこと…

2022.04.29 続きはこちら
高知専門工事 建物・工場から雨漏り発生時の対策を解説【高知県の皆様へ】

  高知県在住の皆様。このようなお悩みはありませんでしょうか?   ・台風や梅雨に備えて雨漏り対策がしたい ・雨漏りが発生しているが原因がわからない ・そもそも最寄りの雨漏り補修業者がわから…

2022.04.22 続きはこちら
工具の再研磨 ねじ切りについて⑩

切削お役立ち情報 No.62 今回は左ねじ加工の裏ワザです。 下記の赤枠部、ツールパスとシート交換により、右勝手ホルダーで、左ねじを切ることが出来ます。  

2022.04.22 続きはこちら
tomakichi note tomakichiの強み・・

去る4月13日(水)切削工具のトップブランドメーカー  オーエスジー株式会社さんのNEO新城工場見学会に出席です。 未来先端工場と位置付けされるNEO新城工場は、超硬エンドミル、超硬タップ ハイスエン…

2022.04.17 続きはこちら
工具の再研磨 ねじ切りについて⑨

切削お役立ち情報 No.61 リード角について 内径ねじは要注意 写真のような、小径用の内径ホルダーには、シートがついていません(小さいため、シートが付けられません)。チップが直付けとなるため、リード…

2022.04.15 続きはこちら

ご相談・お問い合わせは
こちらから!

お問い合わせフォーム

CONTACT US
弊社に興味を持って頂きありがとうございます。
当サイトに関するご相談・ご質問は下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

    郵便番号
    (必須)

    「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
    tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
    ※他のWeb会議システムにも対応可能です。

    ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください