tomakichiコラム

tomakichiコラム

加工条件について考える ~周速とは

2021.06.25
再研磨

切削お役立ち情報 No.20

前回、旋削・転削加工の違いについて解説しましたが、どちらにもに関係してくる「切削条件」について、解説致します。「切削条件」の中で、今回取り上げるテーマは「周速」です。加工現場では、必ずこの「周速」がカギとなります。なぜなら、周速の増減が、加工能率や工具寿命に大きく影響を与えるものだからです。(※具体的な影響については、今後、少しずつ配信してまいります。)

「周速」を一言で表すと・・・ズバリ「速度!!」

小学生時代に教わった公式の復習ですが、右図は速度・時間・距離の関係について
記しています。図式の見方は、知りたい箇所以外の2か所を隣同士の場合は、×。
上下同士の場合は、÷をする。
例えば、速度を知りたいのなら、残されたのは、距離と時間。関係は、上下なので
「速度=距離÷時間」となります。

 

周速は、速度と似ていると書かせていただきましたが、切削加工における速度(=周速)とは、刃先がワーク上を動く速度のことです。
旋削加工では、ワークの外周を動く速度、ミリング加工では、工具の刃先が回転によって得られる速度を表します。速度= 距離÷ 時間に当てはめると、旋削加工の場合、

速度(周速) = 距離(ワークの外周距離) ÷ 時間(1分当たりの回転速度) となります。

外周の求め方は、ワークの直径× 3.14(π) になります。

時間の求め方は、ワークが1回転するのに要する時間を求めるため、1 ÷ 回転数(1分間にワークが回転する回数= N) になります。(時間の単位は、分単位)

すなわち、速度= ワークの直径×π×回転数(N) となります。

このままだと、速度の単位がmmなので、1000で割って、mに変換することで、一般的に呼ばれる、周速(m/min)になります。

一般的な公式は、周速= ワークの直径× π × ワークの回転数÷ 1000 です。

 

次回は、「加工条件について考える~周速の変化」です。

tomakichiコラム一覧
tomakichi 長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・2.勤めた会社(多摩川精機)について(4)(5)(6)

  Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 同シリーズ「2.勤めた会社(多摩川精機)について(2)(3)」へ…

2021.06.25 続きはこちら
機械加工 エッチング加工についてご紹介!

エッチング加工とは? エッチング加工とは一般的にエッチング液等の化学薬品を利用して、化学反応による腐食作用により ワークを溶解する加工方法です。エッチング加工はプレス加工では難しいような 極小極薄かつ…

2021.06.25 続きはこちら
再研磨 切り込みは、コーナーR以上? その1

切削お役立ち情報 No.31   加工時の切り込み量で、チップを変えたことがありますか? チップのコーナーR以上の切り込みが推奨されます。 コーナーR以上の切り込みで無いと、切れ刃が材料に食…

2021.06.25 続きはこちら
再研磨 切り屑に色はついていない?

切削お役立ち情報 No.30   皆さんの切り屑の色は、何色でしょうか?実は、切り屑の色は、切り屑の表面に色がついているのではありません。 加工時の切削温度により、形成される酸化皮膜の厚さが…

2021.06.25 続きはこちら
tomakichi 長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・2.勤めた会社(多摩川精機)について(2)(3)

  Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 同シリーズ「2.勤めた会社(多摩川精機)について(1)」へ戻って…

2021.06.25 続きはこちら
再研磨 ラフィング刃の効用

切削お役立ち情報 No.29   今回は、前号の関連編です。上記のラフィング刃、何かに似ていませんか? そうです、ベンツのテールランプです! 凸凹になっていることで、ベンツは、泥を分散化しま…

2021.06.25 続きはこちら
機械加工 放電加工について特徴からメリット・デメリットまでご紹介!

放電加工とは? 放電加工とは金属加工分類における特殊加工の一種であり、 一般的な刃物で金属を削り取る加工や金属板に力を加えて変形させる加工に対し 電気エネルギーを利用して微細な形状へと加工する方法です…

2021.06.25 続きはこちら
new
再研磨 切り込みは、コーナーR以上? その2

切削お役立ち情報 No.32     皆さんは、「切削加工」とは、文字通り、切っている、と思いますか?実は、切っているのではなく、割っているのです。刃先は、ワークに常時接触していま…

2021.06.25 続きはこちら
オンライン商談も承ります
詳しくはお問い合わせください