tomakichiコラム

tomakichiコラム

カッターの刃数について

2021.10.15
工具の再研磨

切削お役立ち情報 No.37

 

前回は、同径のエンドミルでも、2枚刃、3枚刃、4枚刃と何種類もレパートリーがあり、刃数が増える毎に、剛性・加工能率は上がりますが、切り屑排出性は下がっていくことを説明しました。それぞれに長所と短所を持っているため、状況に応じて、使い分けることが必要です。

 

チップポケットの断面積比

 

 

これは、カッターにも言えることです。

同径のカッターにも、刃数が複数種類あります。こちらは、刃数の少ないカッターを「コースピッチ」、刃数の多いカッターを「ファインピッチ」と呼びます。場合によっては、さらに刃数が多いものを「エクストラファインピッチ」等と呼ぶメーカーもあるようです。

カッターの場合、刃数が多い(ファインピッチ)と、その分、送りが稼げるので、高能率加工向け。ただし、チップポケットが小さくなるので、切り屑排出が重要になってくるポケット加工や、溝加工には向きませんし、刃数が多いと、ビビリが発生しやすくなるので、クランプの弱い場所には向きません。逆に、コースピッチだと、加工時間はそこそこになりますが、刃数が少ない分、ビビリにくく、切り屑排出スペースが広いので、切り屑の噛み込みが少なくなります。

加工内容によって、カッターを使い分けて、能率の良い(コストバランスの良い)加工を目指しましょう!!

 

切り屑排出

 

 

次回は、「ドリルの剛性について」です。

tomakichiコラム一覧
new
工具の再研磨 ドリルの理想的な切り屑とは?

切削お役立ち情報 No.44   ドリル加工は、狭い穴の中で、切り屑をつくります。そして、ドリルの狭い溝(フルート)を介して、切り屑を外排出します。その切り屑排出を容易するかが、ドリル加工の…

2021.10.15 続きはこちら
tomakichi note 長野県飯田市での勤務と生活(回想)・・・3.飯田・長野県(勤務地とその周辺)について(1)

  Author name 久保 英彦 氏 元防衛省研究所部長、元多摩川精機(株)顧問 株式会社TOSAMACHINE 顧問 同シリーズ「2.勤めた会社(多摩川精機)について(7)(8)」へ…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 ライフリングマークを防げ!!

切削お役立ち情報 No.43   先月は、ライフリング(おむすび穴)について説明しました。 今回は、もう少し掘り下げて、対策を説明したいと思います。 ライフリング(おむすび穴)は、なぜいけな…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 おむすび穴・ライフリングについて

切削お役立ち情報 No.42   ドリル加工で、右の写真のようにラセン状の傷が入る場合があります。この現象をライフリングと呼びます。また、入り口の穴形状が多角形状(三角形・五角形)になる場合…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 ドリルの摩耗と切削条件の関係性

切削お役立ち情報 No.41   今回は、ドリルの摩耗について、説明致します。ドリル刃先の摩耗は、大きく分けて、下記の3つになります。   ①切れ刃外周の摩耗、もしくは欠け 切削速…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 ヘッド交換式ドリルのメリット

切削お役立ち情報 No.40   今回は、ヘッド交換式のドリルについて、説明致します。ヘッド交換式ドリルとは、いつからあったのでしょうか?近年では、色々なメーカーでもラインナップされています…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 最適なドリルはどれ?

切削お役立ち情報 No.39   前回は、ドリル工具の剛性について、お話しました。ドリル工具は、フルート部が必要なため、工具剛性が弱くなり、さらに加工するときは加工箇所が見えないため、難しい…

2021.10.15 続きはこちら
工具の再研磨 ドリルの剛性について

切削お役立ち情報 No.38   前回は、カッターの刃数とポケットの話をしました。 今回、お話するのは、ドリル工具の剛性についてです。       ドリルは、必…

2021.10.15 続きはこちら

お問い合わせフォーム

CONTACT US
弊社に興味を持って頂きありがとうございます。
当サイトに関するご相談・ご質問は下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

    郵便番号
    (必須)
    ファイルは必ずZIP圧縮(パスワード設定は不要)を行ってください。(容量20MB以下)

    「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
    tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
    ※他のWeb会議システムにも対応可能です。

    ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください