機械加工サービス事例

特殊サイクロン 銅線粉砕受け(KK047)

特殊サイクロン 銅線粉砕受け(KK047)
特殊サイクロン 銅線粉砕受け(KK047)
特殊サイクロン 銅線粉砕受け(KK047)
特殊サイクロン 銅線粉砕受け(KK047)
業界 製缶加工
材質 SS400
加工方法 レーザー加工、ローラー加工、溶接加工
サイズ Φ570*1215L*Φ150*3.2T
納期 1週間
使用用途 銅線粉砕機より細断されたものを送風機に送る為のワーク受けです。

既製品では寸法、ダクト取付サイズが合わないため、製作することになりました。

胴体内部をできる限り真円に、加工突起物がないように加工しています。

機械加工コラム
機械加工 溶接とは?特徴とメリット・デメリットについてご紹介

溶接とは? 溶接とは、金属同士をつなぐ加工方法で、数ある方法の中でも最も重要な加工方法の1つです。 金属を加工する際は板状の板金から製作するため、立体的な製品にするには溶接は欠かせない方法です。 また…

2021.10.30 続きはこちら
機械加工 製缶加工とは?特徴とメリット・デメリットについてご紹介

製缶加工とは? 製缶加工とは金属板を曲げたり切断したものを立体的に組み上げる技術のことです。 部分的に機械加工を用いることも可能ですが、機械化が進む現代でも職人が手作業で行っている部分もあります。 で…

2021.10.30 続きはこちら
機械加工 フライス加工とは?特徴とメリット・デメリットについてご紹介

フライス加工とは? フライス加工とは工具を高速で回転させて金属を削る方法です。 工作物を固定し、作業台を前後左右にスライドさせたり切削工具を上下に動かしたりして加工すると3次元的な動きが可能です。 例…

2021.10.30 続きはこちら
機械加工 旋盤加工とは?特徴とメリット・デメリットについてご紹介

旋盤加工とは? 旋盤加工とは、切削加工の1つで、ワークを回転させながら固定されている切削工具を当てて削る加工方法です。 旋盤加工では、真円度の高い製品加工を実現するため、加工品としては丸物が多く、 シ…

2021.10.30 続きはこちら
機械加工 旋盤加工とは?特徴と使用する加工機についてご紹介!

旋盤加工とは? 旋盤加工とは、切削加工の1つで、ワークを回転させながら固定されている切削工具を当てて削る加工方法です。 旋盤加工では、真円度の高い製品加工を実現するため、加工品としては丸物が多く、 シ…

2021.09.03 続きはこちら

「日程の調整が難しい…」「来るのはちょっと…」というお客様もご安心ください!
tomakichiでは、zoomやGoogle MEETを用いた、オンライン相談も承っております!
※他のWeb会議システムにも対応可能です。

ご希望の方は、上記お問い合わせフォームの「オンライン商談を希望」にチェックを入れてください